『日本情報経営学会関西支部主催 第243回例会』で弊社森屋が講演

『日本情報経営学会関西支部主催 第243回例会』で弊社森屋が講演致しました。

『日本情報経営学会関西支部主催 第243回例会』

2016年5月14日に日本情報経営学会関西支部主催の『第243回例会』で弊社森屋が
『ビジネス貢献する アーキテクチャ駆動型システム開発』というタイトルで講演しました。
講演内容はこちらでご覧頂けます。

『ビジネス貢献する アーキテクチャ駆動型システム開発』
ソフトウェアアーキテクチャという視点で会社のシステムの戦略的な統制、開発、運用までを実例を交えて解説
また、システム会社依存型から自社でコントロール可能なシステム開発へ移行する方式、具体的には、
マジックブラックボックスと呼ばれる複雑化したシステムをどのように分割してマイクロサービス化し、
DevOpsの環境下で開発、展開するかを説明しました。
(講演概要より引用)

講演後のパネルディスカッションでは、システム開発の現況と課題、IT業界の将来を担う学生の皆様が今何に注目すべきか等について活発なディスカッションが行われました。

2017-12-13T19:24:42+00:00