「アーキテクトチーム」を中心に開発プロセスを統制

“「アーキテクトチーム」を中心に開発プロセスを統制”
標準アーキテクチャのスムーズな定着
自律的な運用体制の構築に成功

株式会社トウ・ソリューションズ

課題

策定した標準アーキテクチャを開発現場に浸透させると同時に、アーキテクチャを適正に保守し続けていくための「運用」ノウハウが必要だった。

効果

「アーキテクトチーム」を新設。アークウェイの支援を受けながらトレーニングなどの活動を実践し、現場へのスムーズな定着を実現できた。

お客様プロフィール
社名 株式会社トウ・ソリューションズ様
本社所在地 〒182-0002 東京都調布市仙川町2-5-7 仙川キユーポート
従業員数 135名 2015年11月末現在
URL http://www.to-solutions.co.jp/

management_service_iconアーキテクチャ運用サービス

清水 透
取締役 グループシステム部 部長 シェアードシステム部 部長

お客様の声

背景・課題
策定した標準アーキテクチャをいかに定着させるか

トウ・ソリューションズは、品質にこだわった国内外の食品や高品質なワインの輸入・販売を行う中島董商店(なかしまとうしょうてん)と、マヨネーズでお馴染みの大手食品メーカーのキユーピー株式会社の両情報システム部門が統合して誕生した企業です。キユーピーグループのIT戦略策定から企画、設計、開発、運用を担うほか、長年培ってきた食品業界のノウハウを活かしたソリューションを開発し、グループ外の企業にも提供しています。
システムの品質、開発効率の向上、そして、10年、20年先にも陳腐化せず使い続けられるシステムの実現を目指し、同社はアークウェイのサービスを利用して、システム開発のベースとなる「標準アーキテクチャ」を策定しました。
標準アーキテクチャは、ブラックボックス化しやすいVisual BasicやJavaなどを廃し、品質や保守性を高めるだけでなく、将来を見据えた技術を採用。さらにマルチデバイス、マルチブラウザ、多言語対応といった同社が重視した要件も満たしたものとなっています。
しかし、標準アーキテクチャは、単に策定しただけで効果を発揮するわけではありません。いかに標準アーキテクチャを現場に浸透させるかが重要なカギとなります。
「開発者が、これまでの慣れ親しんだやり方を変えるわけですから、現場の理解は不可欠。どのように定着させていくか、慎重にプロジェクトを進める必要があると考えていました」とトウ・ソリューションズの吉田 一彦氏(取締役 システムソリューション部 部長)は言います。

選択・ポイント
アークウェイの支援のもと定着に向けた体制を整備

そこで、トウ・ソリューションズは、標準アーキテクチャの策定を支援したアークウェイに「アーキテクチャ運用」に関するサポートも依頼。アークウェイと共に、標準アーキテクチャを軸とした開発・管理体制の構築、さらには、要となるアーキテクトの育成などに着手しました。
具体的には、まず標準アーキテクチャの定着にかかわる活動や、アーキテクチャのメンテナンスなどを主管する「アーキテクトチーム」を設置。開発部門長直属の部門である同チームが、6つの各開発課のアーキテクチャ活用を横断的にフォローする組織体制を構築しました。アーキテクトチームのリーダーには専任者を据えた一方、それ以外の構成メンバーは各開発課から選抜し、開発業務と兼任するかたちとしています。
「最初は、アーキテクトチームは全員が専任とすることも検討しました。しかし、生産管理、物流など、業務領域ごとに開発課が分かれており、それぞれ独自の開発スタイルを持つ当社で標準アーキテクチャの定着、運用を目指すには、現場のことをよく知る開発者が兼任する方がよいだろうという結論に落ち着きました。多くの企業を支援してきた知見をもとにしたベストプラクティスを持ちつつも、各企業の特性や実情に合わせて柔軟かつ最適な支援を行ってくれるアークウェイの姿勢には非常に安心感がありました」とアーキテクトチームのリーダーを務める長尾 春香氏は話します。
さらに、選抜されたアーキテクトチームのメンバーには、アークウェイがトレーニングを実施。標準アーキテクチャに対する理解を深め、開発を実践するためのスキルを先行して身に着けました。「これにより、各開発課の開発者でもあるアーキテクトたちが、現場で標準アーキテクチャを使った開発をリード。同時に各開発者たちからの疑問に応えたり、顕在化した課題や要望をアーキテクトチームに持ち寄り、ミーティングで解決したりしていく環境が整いました」(長尾氏)。

長尾 春香
グループシステム部 新アーキテクチャ担当
導入成果
トレーニングを駆使しながら現場への浸透を目指す

アーキテクトチームを中心とした、定着に向けた取り組みは、着実に成果を上げています。「標準アーキテクチャが定着し始めた結果、プログラムの可読性が高まり、システムの品質や保守性が向上しました。また、どの技術を学ぶべきかが明確になったことから、開発者のスキルの向上と平準化も実現したほか、開発課ごとに存在していた独自の文化がなくなり、誰がどこに異動しても、すぐにプログラムを書ける環境が整いました」と清水 透氏は言います。
定着に至るまでには、標準アーキテクチャの意義を理解してもらうための地道な取り組みが続きましたが、中でも特に力を注いだのがトレーニングです。
アーキテクトが先行してアークウェイのトレーニングを受けたことは前述しましたが、その後も、目的に応じて対象を変えながら、適宜トレーニングを実施したのです。「実際に開発を行う開発者はもちろん、『標準アーキテクチャがなぜ必要か』を全社的に理解してもらうためにマネージャーたちを対象とするトレーニングを行ったりしました。現在は、若手の戦力化を目指したトレーニングとスキル管理を実施中です」と長尾氏は説明します。

こうした定着に向けた取り組みの過程で、標準アーキテクチャ自体はすでに変化しています。策定したアーキテクチャは、それで完成というわけではありません。最新の技術動向などに応じて、テンプレートなどのリソース類を適宜メンテナンスしていくことが必要になるからです。
「もちろん、現場での勝手な変更や安易な逸脱は認めないというのが基本的なスタンスですが、要望があればアーキテクトを通じてアーキテクトチームに要望を出すことができ、それが他の業務においても有効だと認められるケースなどでは、新たに標準アーキテクチャに反映していく柔軟な対応も行っています」(長尾氏)
例えば、とりわけ俊敏なオペレーションが求められる物流領域では、検索結果の表示について、明細一覧の列の項目数を検索条件によって可変にしたいという要求がありました。
「それをアーキテクトチームにエスカレーションして検討。最終的には標準アーキテクチャにも反映することにしました。今では、物流以外の業務領域でも、その仕組みが広く活用され、開発者からも好評です」と物流領域の開発者とアーキテクトを兼任する大町 悦郎氏は話します。

大町 悦郎
グループシステム部 システム3課
今後の展望
ユーザー同士の情報交換などに期待

アーキテクトチームの発足から約1年間は、週次ミーティングにアークウェイも参加し、共に課題解決に当たるなど様々な支援を行っていましたが、今ではアーキテクトチーム単独での運用を開始しています。
「とはいえ、まだアークウェイのサポートは必要です。例えば、当社と同じユーザー企業間で情報交換を行えるような機会を設けてもらうなど、多方面からの支援を期待しています」と最後に清水氏は語りました。

2017-10-18T17:58:23+00:00